DCP-J567N 互換インク

DCP-J567Nの互換インクを試してみた※おすすめの互換インク

ブラザーのDCP-J567Nを買ったけど、インクはできれば安いのを使いたいですよね。

 

でも、互換インクはきちんと印刷できるか多少の心配はあるのではないでしょうか?

 

仮に印刷できたとしても、プリンターが調子悪くならないかも気になるところです(;'∀')

 

 

今回ブラザーのプリンターのDCP-J567Nを新調しましたので、実際に印刷して試してみました!

 

 

LC211の互換インク LC211BK-4SETを購入して試した結果

 

黒を使う機会が多かったので、黒の4パックセットを最初に購入しました。

 

 

購入先はキャノンで問題なく使用できているインクのチップスから購入しました。

 

結果的に問題なく使用できており、互換インクとわかっていながらも違いがわかりません。

 

黒のインクが4パックで1,200円(税込)なのは大変助かります。

 

純正は2本パックでネット最安値でも1,827円するんですね。

 

約1本900円もします。。

 

主にレポートで使っていますが、純正だとガソリンが減るのが気になるように、インクが減るのを気にしてレポートや資料が気楽に印刷できません。

 

インクのチップスの互換インクですと、1本あたり300円なので、600円も互換インクの方が安くなります。

 

資料やレポートが気楽に印刷できるところがいいですね。

 

LC211の互換インク LC211-4PKを購入して試した結果

 

資料に図解が入っていると、カラーで印刷したいものもあります。

 

カラーのインクがなくなりそうだったので、LC211-4PKの互換インクを購入して試してみました。

 

 

印刷できなかったら困るのですが、特に問題なく印刷でき違いはよくわかりません^^

 

そもそも、DCP-J567Nは1万円もしないプリンターなので、カラー写真の品質にこだわる人はいないと思います。

 

4色ですし、限界がありますからね。

 

ぶっちゃけ、色の違いはよくわからないし購入して正解でした。

 

LC211-4PKはたったの1,180円で購入できるんです。

 

純正だとネット最安値でも、3,500円もしますので、インクのチップスなら1/3の金額で購入できたことになります。

 

プリンターは7,600円で購入しましたので、純正インク2回分くらいの金額です。

 

さすがにインク2セット分で、プリンター代になるようなインクは使う気になれません^^

 

DCP-J567Nの互換インクを試したまとめ

 

CANONのプリンターではインクのチップスが販売している互換インクは全く問題ありませんでした。

 

ブラザーのDCP-J567Nでも試してみましたが、品質、プリンターのハード面についても今のところ全く問題はないようです。

 

 

長年使用しているCANONのMG7130は当時2万円弱で購入しましたが何年使用していると思いますか?

 

発売が2013年9月で、発売してすぐ購入しましたので、2017年12月時点で既に4年以上使用していることになります。

 

初期インク以外は全て互換インクで、1回だけ浮気をしましたがあとは全てインクのチップスだと記憶しています。

 

 

プリンターは年賀状印刷以外ほとんど使用することがないのではないでしょうか?

 

私の家では普段の家庭よりは3倍以上使用していると思いますよ。

 

それでも問題なく使用きていますので、これからもリピートし続けるでしょう。

 

 

評価も非常に高いので、あなたが互換インクの購入を検討しているけど迷っているなら、インクのチップスをおすすめします。

 

下記インクのチップス公式サイトから評価を確認できます。

 

>>インクのチップス 楽天市場店<<

 

 

 

 

page top